共有名義の土地について

このページでは、共有名義の土地について調査しています。

会話イメージ1

まだなにも建設されていない土地が共有名義だった場合、注意しなければならないことはあるかしら?

会話イメージ2

共有名義の不動産は、売却などにさまざまな制約があるものだけど「土地ならば大丈夫」と勘違いしてしまう人が多いみたい。土地の場合は、勝手に売却をしたり建物を建てるのはNG。他にもできること・できないことの制限があるの。

土地の共有名義・共有持分について

土地が共有名義となるのは、遺産相続というケースが最も多いようです。またマイホーム建設用に夫婦や家族で共同名義となる場合も。

その持分は遺言による指定や、購入の際の出資額によって規定されます。では共有名義の土地に対しては、どのように取り扱うべきなのでしょうか。

できないこと

まずはじめに「できないこと」から見ていきましょう。

他の名義人に許可なく売却はできない

土地の場合、各名義人の持分がかなり明確に判断できます。しかし、ひとりの名義人が全体の8割の土地を持分としていても、他の名義人の許可なく売却に及ぶことはできません

利益の独占はできない

独断の売却同様、利益の独占もできません。土地を使用することで生じた利益、経費は、それぞれの持分に応じ、名義人全員で分割することとなります。

建物を建てる

他の名義人の許可なく、その土地に家などの建物を建てることはできません。

できること

次に『できること』を見ていきましょう。

自分の持分を売る

他の不動産と同じく、共有名義の土地の、自分の持分を売却することは可能。その際、他の名義人に許可を取る必要はありません。とはいえ、一部に他の名義人が残っている土地は第三者に売却しにくいため、共有名義人の間で売買されるケースが多いようです。

分筆する

ひとつの土地を分筆することで、共有名義の土地を単独名義に変更することも可能です。しかし、ひとつの土地でも、形状や周囲の環境により、公平な分筆が難しいケースもありますので、慎重に。

また、分筆にあたっては、測量や境界の確定といった作業が必須なほか、新たな登記申請(有料)が必要になると理解しておきましょう。

ざっくり!共有名義の土地の注意点
  • 共有名義人の許可なく家等の建物を建てるのはNG
  • 土地の分筆で問題が解決できることもある
大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。