相続トラブル回避のために!気を付けておくこと

このページでは、共有名義不動産の相続にあたり、トラブルを回避するにはどうすれば良いかを考えています。

会話イメージ1

相続のトラブルって怖いわよね。血を分けた家族や親族が、お金を巡って骨肉の争いを展開するなんて…。考えただけでもゾッとしちゃうわ。

会話イメージ2

例えば兄弟がいて、配偶者を得ると、また新たな家族が増えることになるでしょう。相続の場合、全員を含めた問題に発展するから複雑なのよね。共有不動産の場合はより話がややこしくなりがちだから、注意が必要だわ。相続トラブルを回避したいなら、まずは、前もってしっかり話し合っておくこと!結局、これが一番大事なことなのよね。

相続トラブルにならないようあらかじめやっておくべきこと

相続財産はしっかりと洗い出しをしておく!

相続の問題は、デリケートです。家族の関係性や、個々のパーソナリティによって状況は異なりますが「死期が近づいているからといって、家族の口から相続について切り出すことはできない…」という人は、意外に多いものです。

しかし被相続人の死後に大きなトラブルが発生しないよう、あらかじめ備えておくことは非常に重要です。特に不動産の場合、預貯金や株式などのように明確な分配がむずかしい分、以下のようなトラブルが発生しやすいのです。

  • 親から相続する実家の共有名義人になっている兄弟が、一方的に不動産の売却を主張する
  • 共有名義人だった兄弟が死亡した結果、持分を相続する人間が数多く発生し、共有名義人とトラブルが増加する

このような事態に発展することを避けるためにも、相続財産の内容は明らかにしておきたいもの。特に『共有名義不動産』はないか、事前にはっきりさせておくことが大切です。

また被相続人が親である場合は、実家などの不動産はどのように分配すべきなのか、話し合っておきたいもの。軽い気持ちで「兄弟で共有すればよい」と決めてしまうと、後々大きなトラブルが発生する可能性があります。

できれば「親の死後は実家を売却し、金額を分配する」等、明確な解決策や取り決めをしておく方が良いのです。

『家族信託』も有効

近年注目されている財産管理法のひとつに『家族信託』があります。

この方法は被相続人が病気や認知症の症状で、財産管理が充分に行えなくなった時、あらかじめ指定しておいた家族や親族が本人に代わって、財産を運用するという方法。そこから生じた利益は、存命の被相続人に還元されます。

同様な内容の『成年後見人制度』とは異なり、あくまで家族が財産管理を担当するため、安心感は高め。また利用にあたっての費用も、もちろん発生しません。

不動産は「所有者がなんらかの原因で判断能力を失っている」とみなされると、すべての運用管理、契約がストップしてしまいます。しかし、あらかじめ家族信託の信託財産に不動産を含んでおけば、いざという時に家族が運用管理することも可能となるのです。

さらに「共有名義人としての権利は平等なままに、管理処分の権限を1人に集約させる」という条項を盛り込むことが可能なので、相続トラブル対策としても、有効です。

プロのサポートを得ることも大切

プロの力を借りて、相続トラブルを回避できる!

「いざ相続」となった段階でトラブルを発生させないためには、事前の話し合いが重要であることが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

しかし、その進展や『家族信託』の活用には専門知識も必要となってくるため「なかなか思うように進まない」ということも、あるかもしれません。

あらかじめ家族・親族間の話し合いに参加し、公平な内容を実現するようサポートしてくれる会社も存在していますので、上手に活用すると良いでしょう。

ざっくり!相続トラブルの回避方法
  • 生前に共有名義の不動産がないか確認
  • 家族・親族間で、不動産など財産についてしっかり取り決めをしておく
  • 不動産のプロにサポートしてもらう
大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。