共有持分を譲渡する

このページでは、共有持分の譲渡について調べています。

共有持分の譲渡とは

共有名義の不動産で、自分の共有持分を手放したいと考えた時、以下3種類の方法があります。

  • 譲渡…他の名義人、または第三者に与え、対価を受け取る
  • 贈与…他の名義人、または第三者に無償で与える
  • 放棄…自分の持ち分を放棄する(持分は他の名義人に移る)

譲渡は、自分以外の人に共有持分を与えて、対価を受け取ることになっているので、売却とあまり変わらない印象です。「対価を受け取っていないから、売却ではない」という場合、自動的に『贈与』あるいは『放棄』に該当することになります。

なお、共有名義の不動産であっても、自分の共有持分を独断で処分することは、民法によって認められています。事前に他の名義人へ情報を伝達しておくことは必要でしょうが、許可まで得る必要はありません。

ただし不動産全体を処分することはできず、あくまで「自分の持ち分のみ」であることを理解しておいてください。

共有持分の譲渡でかかる税金

不動産を売却して対価を得ると、そこに所得税が課せられることとなります。それは譲渡であっても同じです。

  • 所得税の計算法…収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額×税率

ここで気がかりなのが、税率です。税率は不動産の所有年数によって変化します。所有期間が5年以下だと税率30%(住民税9%)、5年以上だと税率15%(住民税5%)と、大きな差があるのです。

共有持分を譲渡する場合でも、所有年数のことは念頭に入れておいた方が、節税効果は高まります。

贈与による税金

「譲渡以外の持ち分処分法として、贈与があること」を紹介していますが、無償で財産を他人に与えると、受け取った側に『贈与税』が課せられます。

贈与税を逃れるため「本来は1,000万円の価値がある持分を、100万円で譲渡すれば、控除内ではないか」と考える人がいるかもしれません。しかし、この対策として、譲渡を受けた側に「残り900万円分の贈与税が課せられる」という落とし穴があります。

不動産は定期的に価値が査定されていますので、贈与税逃れの小細工やごまかしは通用しないのです。また『放棄』という方法を選択したとしても、他の名義人に贈与税が課税されると知っておきましょう。

譲渡・贈与の前に1回プロに相談を!

共有名義不動産の持ち分を処分するにあたっては、名義人の間でのトラブルなどが発生しやすくなっています。

他の名義人や親族に譲渡する前に、一度不動産のプロに相談し、最適な解決策を指南してもらうと良いでしょう。

大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。