共有名義の固定資産税は?

このページでは、共有名義不動産の、固定資産税について調べています。

会話イメージ1

そういえば、不動産には固定資産税がかかるわよね?共有名義の場合って、どうなるのかしら…?

会話イメージ2

原則として、名義人全員に課税されることになるの。でも色々と複雑なルールがあるから、詳細を見ていきましょう。

固定資産税とは?

そもそも固定資産税とは、土地や家屋などを所有している人に課税される税金です(賃貸住宅に住居している限りは、課税されることはありません)。

固定資産税は『市町村税』の一種。住宅用の場合、土地と家屋に分けて考えられます。税率は評価額の1.4%とされており、評価額は時価などを考慮するかたちで、3年に1度更新されます。 

共有名義の固定資産税は全員が課税対象

共有名義の不動産がある場合、固定資産税は名義人全員に課税されることとなります。その内訳は、持分によって算出されるのが一般的です。

しかし、「ふたり兄弟が共有名義となっている不動産で、兄は固定資産税を払っているが、弟は払っていない」というようなケースを、自治体はいちいち追跡することができません。

このため共有不動産については、あらかじめ『代表相続人』が立てられることとなります。

ざっくり!共有名義の固定資産税
  • 共有名義人の全員に課税される
  • 固定資産税の金額はそれぞれの持分で算出される
  • 代表名義人が取りまとめを行う

代表相続人について

代表相続人は、市町村によって定められます。その基準は「持分が最も多い」、「不動産のある市町村に居住している」などが挙げられます。

金額は、全員分の固定資産税を徴収したうえで、代表相続人が支払うことになります。

さまざまな連絡も代表相続人を通じて行われますが、当事者間の話し合いで、人物を途中変更することも可能です。

固定資産税はいつ支払う?

固定資産税の支払いは、1年間で4回の納期に分けられています。また区民/市民税と同様、1年分をまとめて支払うことも可能です。

固定資産税の滞納に注意!

固定資産税を支払うことは、他の税金同様、国民の義務です。もし滞納すれば『財産の差し押さえ』などに発展する可能性もあるでしょう。

とはいえ「共有名義人が、固定資産税を用意しない。立て替えるのにも限度が…。」というケースもあります。もし身勝手な共有名義人のせいで、経済的に破綻をきたすようなことがあれば、家族間・親類間の関係に決定的な亀裂が走ります。

上記のようなケースに悩んでいる人は、不動産の専門家や法律の専門家へ相談することをおすすめします。

大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。