共有持分まるわかりガイド » 共有持分のトラブルと売却事例まとめ » 離婚による共有名義のトラブル事例

離婚による共有名義のトラブル事例

共有名義のトラブルと売却事例まとめ。このページでは、離婚の事例について紹介しています。

中央プロパティーでの離婚の実例

相談内容

  • 相談者:年齢不明女性
  • 物件:マンション

夫が離婚後にマンションを出て、連絡が取れない状態です。マンションは結婚時に共有名義で購入し、まだローンも残っています。

然るべき処分をしたいのですが、共有名義人の夫がつかまらないため、不安。「夫の分のローンも背負わされたら…」と考えると、夜も眠れません。

まだ小さな娘もいるので、早く別の場所に移りたいと希望しています。

中央プロパティーの対応

相談者からの依頼を受けた中央プロパティーは、抵当権の負担付き売買で、相談者の共有持分であるマンションの2分の1のみを投資家へ売却しました。持分のみなら、共有名義人の承諾を得なくても売却が可能なのです。

ローン残債から解放された相談者は「自分ひとりの力では、何もできなかった。これで新しいスタートが切れる。本当に助かりました」と喜んだそうです。

この事例の感想
感想コメント

離婚の問題は、感情的に複雑。夫婦間の共有名義にはこうしたリスクも付きまとうと、あらかじめ理解しておく必要がありそうだわ。

でも相談者さんは良い結果を得られて、幸運ですね!不安や不満が少しでもあるなら、一人で抱え込まずにまずは相談してみるべきね。

蒼悠での離婚の実例

相談内容

  • 相談者:年齢不明女性
  • 物件:一戸建て

夫との離婚を考えているのですが、半々の共有名義の一戸建てがあり、ローンはあと5年残っています。離婚後は「俺が住宅ローンを支払っていく」と言っていますが、信用できません。

また私も新生活のため、新しい住居のための費用が必要で困っています。

蒼悠の対応

相談者が問い合わせをした蒼悠は、共有持分の買取にも対応していました。蒼悠では、相談者の共有持分の買取は可能と回答しています。さらに、売却希望日を聞き、売却に合わせて引っ越しができるような案内や賃貸サポートに関する話がされています。

この事例の感想
感想コメント

早く出ていきたいのに出ていけない、という状況はとても辛いですね。

でも、共有持分も買い取ってもらえて、さらに売却希望日に合わせて引っ越しができたり、引っ越し先である賃貸の案内までしてもらえるなんて!悩みや不安が一気に解決できることもあるのね~。

大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。