共有持分の相続事例

共有名義のトラブルと売却事例まとめ。このページでは、相続事例について紹介しています。

不動産あんしん相談室®での相続実例

相談内容

  • 相談者:60代男性
  • 物件:一戸建て

親から相続した、一戸建ての不動産がありました。私には兄弟が多く、全員で5名。しかも全員が共有名義となっています。

兄弟の中で「住みたい」と名乗り出る者がいるわけでもなかったため、売却を検討。

しかし、物件は親が居住していたこともあり、非常に古く、あちこちが傷んでいます。立地条件もあまり良くないため、買い手がつくのか不安に感じています。

不動産あんしん相談室®の対応

相談者からの依頼を受けた不動産あんしん相談室®では、まずは相談者や他の名義人の話を聞き、全員に売却の意思があることを確認。その後すぐに不動産の査定をしています。

相談者の懸念通り、なかなか買い手は現れず、半年近い時間が経過。しかし最終的には、地元の建設会社が買い取ってくれたそうです。

この事例の感想
感想コメント

5人も共有名義人がいる不動産だと、間に入ってくれた不動産あんしん相談室®も、ひとりひとりと連絡を取らなくてはならなくて、大変な対応であったことが想像できるわ。

条件があまりよくない不動産でも根気強く対応をしたから、無事に買い手がついたのね。「条件が悪いから売れないだろう…」と諦めずに、まずは相談してみるのが大切ね!

蒼悠での相続実例

相談内容

  • 相談者:年齢不明男性
  • 物件:土地

親が亡くなり、所有していた土地を妹との共有名義で相続しました。土地は50坪とまぁまぁ広いですが、私も妹もすでに持ち家があるため「売却するのが妥当か」と考えていたんです。

しかし妹に相談したところ「私はあそこにアパートを建てて、不動産経営したいという考えを持っている」と、予想外の返答が。私にはそのようなリスクを背負うつもりはなく、また彼女の同意を得られないと売却もできないため、困っています。

蒼悠の対応

蒼悠は、相談者から依頼を受けた後、実際の土地に足を運び「アパートを建設したところで、果たして順調な経営が行えるか」を徹底的に調査。併せて『売却したら、最終的な利益はどのくらいか』も調査しています。

その後、調査結果をもとに相談者と妹さんの話し合いを実施。最終的には、土地を売却するという道を選んだそうです。

この事例の感想
感想コメント

サラリーマン大家さんも増えているという昨今は、一般の人が不動産経営を真剣に考える時代なのね。でも、初期費用やランニングコストを考えると「果たして順調な家賃収入が得られるどうか」、慎重に判断しなければならないわ。

このケースでは、妹さんの投資熱をクールダウンできたようで、良かったわ。

大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。