共有持分まるわかりガイド » 共有持分・共有名義トラブルの解消法

共有持分・共有名義トラブルの解消法

このカテゴリでは、共有名義不動産の悩み解消法について考えています。

共有名義不動産の悩みを解消するには

相続などで共有名義の不動産を手にしてもメリットが感じられない場合、解消を検討することがあります。しかし、名義人全員の了承を得られない場合、話はスムーズに進みません。本カテゴリでは、そんな時にどうすべきかを考える以下のコンテンツを用意しました。

売却

共有名義の不動産は、名義人全員の了承を得られない限り売却はもちろん、リフォームもできません。しかし民法上では「共有持分の売却は可能」とされています。つまり不動産全体ではなく、自分の共有持分だけであれば売却することもできるというわけです。そのメリットやデメリット、そして売却法について調査しています。

共有持分売却の詳細を見る

譲渡

譲渡とは契約上の用語。持分を譲渡することで対価が得られれば『売却』となり、それ以外は『贈与』や『放棄』とみなされます。また与えられる人には税金が課せられることとなりますので、与える人に迷惑をかけないよう、知識を深めておく必要がありそうです。

共有持分譲渡の詳細を見る

弁護士に相談

共有持分の問題は、もちろん弁護士に相談可能です。弁護士は法律の専門家。共有持分について不安があるときに、とても心強い味方となるでしょう。弁護士が行う対応や、共有持分問題に強いとされる大阪の弁護士事務所を調べ、まとめてみました。

共有持分を弁護士に相談したらどうなるのかを見る

その他の解決方法

他の名義人は売却を希望していないのに、自分の持ち分だけを手放そうとすれば、そこに意見の相違が生まれます。不動産の共有は主に、親族間で行われていることが多いため、先々の関係悪化はできるだけ避けたいもの。持分売却以外の方法はないのでしょうか。以下に見ていきましょう。

不動産全体を売却

他の名義人を粘り強く説得し、売却に同意してもらえれば、各自の持分に従って売上金を分けることができます。自分の持ち分だけを売却するより、買取金額も上がるでしょう。ただし他の名義人を納得させるため「キープするより手放した方が得」という説得材料を揃えなくてはなりません。

分筆

建物ではなく、土地を分割することで共有名義→単独名義に変更できます。ただし各々の分筆分に『価格差』が生じてしまうと、多く得た人には贈与税が課せられますが、均等な分配はなかなか難しいようです。また、建物にも愛着があるという場合、この方法を選択することは難しいでしょう。

交換

もし名義人Aが、共有名義の不動産以外に単独の不動産を所有している場合、名義人Bにその不動産を与えることで、共有名義の不動産を単独名義にすることは可能。これが『交換』です。条件を満たせば譲渡税も課税されませんが、よほど恵まれたケース以外、適用事例は多くなさそうです。

まずは不動産の専門家へ相談を!

いずれにせよ、共有名義不動産の持ち分を手放すには、多くの専門知識が必要となります。ひとりで悩まず、不動産の専門家に相談する方が良さそうです。

大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。