共有持分まるわかりガイド » 共有持分のトラブルと売却事例まとめ

共有持分のトラブルと売却事例まとめ

複数の名義人がいる共有名義不動産には、人数分の持ち分があります。そのパーセンテージに差はあっても、処遇に関する意見は同等に反映されなくてはならないというルールがあります。

つまり誰かが「売りたい」と言っても、誰かが反対すれば不動産のすべてを売却することができないのです。
※自分の持ち分だけを売却することは可能

こうした面倒さから、共有名義の不動産はトラブルを招きやすいと言われています。本カテゴリには、その事例を紹介する以下のページを設けました。

各ページでは、不動産コンサルティング会社に相談した結果、より良い解決法を導き出した事例が掲載されています。共有名義の不動産で悩んでいる方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

相続によるトラブルの事例

親から相続した不動産が「兄弟や他の親族と共有名義になっている」というケースは、よくあるようです。しかし兄弟間で意見が食い違ったり、名義人の数が多いと、さまざまなトラブルが発生する可能性が高まるようです。

離婚によるトラブルの事例

結婚後に生活を送る場所として、マンションなどの不動産を共有名義で購入するというケースも、よくあります。しかし残念ながら結婚生活が破綻してしまうと、感情的に「ひとつ屋根の下で生活を営む」ことは難しくなるでしょう。しかしその処分にも、さまざまな問題がつきまといます。

夫が死亡したことによるトラブルの事例

「まだ壮年」という年齢で配偶者が急死してしまった場合、遺された妻が受ける精神的な打撃は計り知れません。また夫の財産を相続するにあたり、高齢の夫を亡くした場合とは違うトラブルが発生するケースは多いようです。その事例を紹介しますので、内容をチェックしてみてください。

共有名義人が行方不明の事例

「共有名義人となっている家族や親せきが、行方不明で連絡が取れない」。そんなケースも、意外に多いようです。不動産に関する相談がしたくとも、本人の所在が分からなければ手の打ちようがありません。そんな時は一体、どうすれば良いのでしょうか。

共有持分が空き家の事例

空き家問題が全国で取り沙汰されている昨今ですが「相続はしたものの、共有名義人のうちの誰も活用する気配がない」というまま、放置されている空き家も多いようです。そうした事例を紹介しているページです。

大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。