共有持分のマンションはどうなる?

このページでは、共有持分のマンションについて調査しています。

会話イメージ1

共有名義でマンションを購入している場合があるわよね。他の不動産の場合と、何か違いはあるのかしら。

会話イメージ2

基本的な原則は同じよ。ただ誤解されやすいポイントや、起こりやすいトラブルなどもあるようだから、あらかじめ理解しておくことが必要かもしれないわね。

マンションの共有持分とは

例えば共働きの夫婦が、共有名義でマンションの一室を購入したという場合、それぞれの持ち分は捻出した金額により決定されます。これは、通常の共有名義・共有持分と一緒です。

ここで混同されやすいのが『区分所有』という購入形態。マンションには販売元があり、購入者はその中の一室(区分)を購入してオーナーとなっています。共有名義の場合は「区分所有の一室の持分が、さらに分割されている」ということになるのです。

マンションの共有持分で起こりやすいトラブル

マンションを共有名義で購入するのは、夫婦が多いようです。このため、離婚などの問題が浮上した時、共有持分が争いのもととなることが多くなっています。

マンションの一室は「ここからここまで」といった具合に、明確な線引きができない空間です。夫婦が捻出した購入金額がフィフティフィフティであった場合、室内の各設備がすべて共有の持ち分と考えられるのです。

どちらかを一方的に追い出すことはできませんし、どちらかの了承を得ないうちに売却することもできません。同様にふたりが退去した一室を、どちらかが勝手に『収益不動産』として運用することも、許されません

また、離婚などの問題が生じていない場合でも、共有持分であるマンションの一室は、双方合意のうえでないとリフォーム等を行うことはできません。「妻が夫の了承を得ず、勝手に室内の設備を換えた」という事実が、大きな問題に発展してしまうこともあると理解しておきましょう。

ざっくり!マンションの共有持分
  • マンションであっても、共有持分に対する考え方やルールは同じ
  • 特に、離婚によるトラブルが多い傾向にある

早めに専門家に相談を!

マンションの共有持分でトラブルがあると、お互いが感情的になって処分のための処理が進まない、というケースは数多くあるようです。

共有名義のマンションが『負の遺産』となってしまいそうなら、法律や不動産の専門家へ早めに相談し、共有持分の売却等で問題を解決することをおすすめします。

大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。