共有持分まるわかりガイド » 共有持分のトラブルと売却事例まとめ » 夫の死亡による共有名義のトラブル事例

夫の死亡による共有名義のトラブル事例

共有持分のトラブルと売却事例まとめ。このページでは、共有名義人の死亡事例について紹介しています。

不動産あんしん相談室での事例

相談内容

  • 相談者:50代女性
  • 物件:一戸建て

夫が義理の父から相続した一戸建てで生活していたのですが、夫が病気で急逝しました。土地に関しては義姉の持分もあったので、買取を申し出たのですが断られました。

義姉とは特に仲が良いわけではなく、今後のことを考えると色々不安です。

不動産あんしん相談室の対応

相談者からの依頼を受けた不動産あんしん相談室は、弁護士と共に義理のお姉さんと話し合いを進めていきました。その後、不動産あんしん相談室が義理のお姉さんの持分を買い取り、その持分を相談者が買い戻して解決となったようです。

この事例の感想
感想コメント

親族関係の話し合いは平行線でも、第三者へ間に入ってもらうことで、スムーズな展開になることもあるのね!不動産のプロと弁護士さんに話し合いをお任せできるのは、とても安心できそうね。

アール・マンション販売の事例

相談内容

  • 相談者:年齢不明女性
  • 物件:一戸建て

夫が突然亡くなりました。不動産を含む夫名義の財産は、夫の親・兄弟も相続の対象にはなっていますが、あまり関係はよくありません。それなのに、夫名義で購入した家を売却し、そのお金を分けるべきと相続の権利を主張してきました。どうするべきか悩んでいます

アール・マンション販売の対応

アール・マンション販売では、こうしたケースでは、あらかじめ遺言書を残しておくことをおすすめしています。

この事例の感想
感想コメント

夫婦で苦労してローンを払っていた住居なのに、関係ない兄弟が相続を主張することもあるのね…。対策はきちんととっておく必要がありそう。

中央プロパティーでの事例

相談内容

  • 相談者:年齢不明女性
  • 物件:一戸建て

夫が急死しました。住居には夫と私とひとり息子、そして姑が同居していたのですが、名義はすでに姑から夫に移されていました。

しかし姑は私が相続するのを快く思わず「家を取り壊す」と主張しています。

中央プロパティーの対応

家を取り壊さずにそのままの状態にしておくには、土地の所有者である姑の許可がいるのは確か。中央プロパティーでは、法律的観点だけでなくいろんな観点からの交渉も可能。相談者にとって最も良い解決方法を提案していくようです。

この事例の感想
感想コメント

まだまだ死亡など考えられない年齢の配偶者に、急死が訪れると、さまざまな問題が生じやすくなるものね…。

ただでさえ精神的なショックの大きい時期だから、さらなるダメージを増やさないよう、適切な問題解決に臨みたいもの。そのためにプロのサポートを得るのは、非常に有効ね。

大阪編おすすめ買い取り業者3

投資家目線の
査定・アドバイスが魅力

NSリアルエステート

スタッフの多数が不動産投資家という不動産コンサルティング会社です。

公式サイトで詳細を見る

仲介手数料0円!
アフターフォローも魅力

不動産あんしん相談室®

共有持分を自社で買い取るため仲介手数料0円。アフターフォローも完備しています。

公式サイトで詳細を見る

大手が母体の
安心感と知名度が魅力

中央プロパティー

センチュリー21のグループ会社。多数のメディア掲載実績があります。

公式サイトで詳細を見る

PICKUP
共有持分の買取に対応!
おすすめ会社紹介
おすすめ不動産会社紹介

大阪で共有持分の買取を得意としている会社を調査し、おすすめの会社をピックアップしました!共有持分を売りたいと考えている人は要チェックです。